FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ガンガラーの谷のツアー集合時間になったので再びCAVE CAFEへ。
人がちらほら増えていました。
IMG_0330.jpg

カフェの奥の方に集合してツアーの禁止事項やコースの説明、見どころの説明を受けます。
ガイドの高橋さんは千葉県出身。
沖縄の大学に入りワンダーフォーゲル部に所属し沖縄中のジャングルを探検し
すっかり魅了されてしまいここに就職したそうです。
高橋さんの説明、最初から最後までわかりやすくて面白くてとっても楽しかったです。
IMG_0333.jpg

1970年にここから1km離れた場所で頭からつまさきまできれいに揃った人骨が発見され港川人と命名されました。
1万8千年前の人類で日本人のルーツではないかと研究されています。
IMG_0332_20130509180531.jpg

各自水筒を支給され、虫よけスプレーをしてツアー出発。禁止事項は木や石を持ち出すこと。
水筒の中身は冷たいさんぴん茶でした。
IMG_0343.jpg

ガイドさんが触っている竹は生後わずか8ヶ月。
IMG_0336.jpg

40年前には整備してあったこの谷。
すぐ下に流れている川が近所の畜産農家からの汚物で汚染され一般公開が見送られました。
その後、2008年に一般公開開始。40年前に作った東屋の屋根からはシダが育っていました。
このシダは周りの木の落ち葉を養分として成長。
IMG_0339_20130509180552.jpg

あちこちに穴が開いていて日用品が出土しているので、穴は居住空間だったと推定されています。
IMG_0341_20130509180553.jpg

出土した土器。6千年前の土器は硬くてとてもしっかりしていました。
ガイドさんいわく、大阪の人はかなり高い確率でまず匂いを嗅ぐそうです。
548428_361364360636227_902941019_n_20130702100910.jpg

大きなガジュマルもあちこちにありました。
細いのは気根でこれが水を求めて地面まで伸びてやがて太い幹や根になり元の幹は枯れてしまいます。
そのためわずかに木が動くためガジュマルは歩く木と言われます。
IMG_0345.jpg

沖縄は信仰が強く遺跡にも多く見られます。
ここはイナグ洞といい女性を意味する洞窟。
昔の人が良縁祈願に訪れていた。危険なので中には入れないが、
お尻の形をした鍾乳石と乳房の形をした鍾乳石があると写真で見せてくれました。
母神と手書きされた古い看板が立っていたけど、
40年前にはすでにあり誰が立てたものかわからないそう。
IMG_0348_20130509180617.jpg

男性を意味するイキガ洞。この中に入ります。
IMG_0349.jpg

中は暗いのでランプ片手に入ります。
72098_361362837303046_2124124919_n.jpg

IMG_0351_20130509180611s_20130702095106.jpg

男性器のような鍾乳石が信仰対象。昔は地元の人が子宝祈願や安産お礼に訪れていたそう。
イナグ洞とイキガ洞を合わせて、種之子御嶽(サニヌーシウタキ)と呼びます。
IMG_0352.jpg

この先も洞窟は続くが水があるため進ません。
IMG_0353.jpg

洞窟を出て元の道に戻ります。
IMG_0354.jpg

崩れた大きな岩を小さな岩が支えています。
ガイドさんは地層が専門なのでこの大岩が崩れるときが見たいとのこと。いつになることやら。
IMG_0356.jpg

トンネルを抜けると姿を現す大主(うふしゅ)ガジュマル。
「うわ~」って歓声があがりました。
数十万年前の洞窟の天井が崩れて出来た場所。
手前で通ったトンネルの上は今では道路になっているが昔は集落で人が住んでいました。
地面には小さい穴がたくさん開いていて、今のお年寄りが若い頃この谷がどこまで続いているか自分の名前の書いた石を投げ入れて試していたそうです。
その石は1つも発見されていないのでどこかにたくさん貯まっているのでは?とガイドさんの話。
投げ入れたときの音からガンガラーの谷と名付けられました。
IMG_0359.jpg

崩れずに残った天井部分。
IMG_0367_20130509180756.jpg

住居跡。何年前かは忘れた。
IMG_0369_20130509180744.jpg

フィッシャー(割れ目)。
ここから1㎞離れた八重瀬町港川のフィッシャーで港川人が発見されました。
こんな割れ目で生活していたとは思えないことから、誤って落ちたのか?死後葬られたのか?
IMG_0377_20130509180734.jpg

数千年前の石棺。ここからも頭蓋骨からつま先までそろった人骨が発掘されたそうです。
土がアルカリ性で石が軽石でカルシウムが多いことが保存状態を良くしているとのこと。
この石棺は地方からわずか15cmのところにあったことが驚き。
IMG_0379.jpg

石棺が発掘された洞窟からはイノシシを焼いて食べた跡なども発見されたそう。
ここで最後のまとめのお話を聞きました
IMG_0381.jpg

石寛の蓋として摘まれていた石をどかしたもの。
IMG_0382_20130509180839.jpg

80分に渡るツアーも終わり。
IMG_0385.jpg

ツアーが終わって洞窟の外に出て見るとそこはおきなわワールドでした。
IMG_0388.jpg

(つづく)
関連記事
スポンサーサイト
Secret


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。