FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
11月30日(水)のこと。

生協の宅配に「手作りこんにゃくキット」というのがあったので注文しました。
群馬県産こんにゃく芋2個と北海道産石灰とこんにゃく農家さんのレシピがついています。
が、なかなか作る気になれず放っておいたけれど、
さすがにそろそろ作らないと悪くなっちゃうかと思って重い腰を上げて朝6時半から開始。

こんにゃく芋

芋の泥や芽を取り、小さく切ったものをミキサーに・・・
えっ!?ミキサー処分しちゃって無いよ~~~。
すり鉢でもOKって書いてあったけどま、まさかね。。。
思い切り小さく切ってバーミックスに頑張ってもらいました。
60℃くらいに沸かしたお湯を混ぜながらひたすら撹拌します。

こんにゃく芋をすったとこ

後で調べたらすりおろしてもいいみたいだけど・・・。
ちなみに素手で触るのは厳禁です。
私、うっかり素手で触ってしまったけれどピリピリ痛んで大変でした。
それ以上になると猛烈な痒みになるらしいです。

この後、しばらく放置してからこねてこねてこねます。
さらに水で溶いた石灰を入れてさらにこねてこねてこねます。
この数分間のコネでこんにゃくの滑らかさがきまるそうです。

それをまたしばらく放置したのち(バットに入れたり丸めて玉こんにゃくにしたり)、
30分くらい茹でるとぷるんぷるんのてづくりこんにゃくの完成です。
完成品の写真がないのが残念ですが(^_^;)

しかし、手作りこんにゃくキットには罠が潜んでいました。
2個の芋で大量のこんにゃくができるのです。
それが2セット・・・。
1度に済ませようとおもったけれどさすがに2回にわけて作りました。

でも、父は「とても美味しい」ととても気に入ってくれたようで、
ほぼ半分くらいでしょうか、担当してもらいました(笑)
市販のこんにゃくのような滑らかさはありませんが、
それがかえって味をしみ込みやすくし、
臭みもクセもなくモチモチとした食感でとても美味しかったです。

義実家にも持っていたけれど丁度義父しか家にいなくて、
その後どうだったか特に電話もないので感想はわかりませーん。

父にモツ煮を2回作ってもらい、さらに父はカレーや味噌漬で食べたそうです。
私はタラコと醤油バターで炒めました。
真似て作った味噌漬を今夜食べて遂に全て消費です。

また機会があったら作りま~す♪
関連記事
スポンサーサイト
Secret


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。