上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011.10.08 馬車道
午後からちょろっと、父の買い物に付き合って久しぶりに馬車道を歩いてきました。
昔、足しげく通った居酒屋も、朝5時過ぎまで飲んだくれたバーもまだ健在で嬉しかった
ぃゃぁ、あの頃は若かったなぁ

父が事前に「天吉の天丼か勝烈庵のカツが食べたい」と言っていたので勝烈庵へ。
ハマの老舗とんかつと言えばこのお店です。
馬車道総本店で頂くのが一番美味しく感じるかなぁ。
油っぽくなくさらっとしていてとても食べやすいです。

お箸は熊野古道の杉の端材や間伐材を使った日本製のもので、
宮内庁御用達のお箸屋さんのものです。
ぜひ持ち帰って再利用してくださいと書いてあるので持ち帰ってきました。

勝烈庵のお箸

目当ての買い物は、馬車道十番館のビスカウト。
来週、盛岡へお墓参りに行く際の手土産にするそうです。
横浜はガス灯の発祥地でもありますが、
このお店はガス事業の創始者である高島氏の家の旧跡になります。
古い電話ボックスや柱時計、ギヤマン、ピアノなど、明治時代の物が展示してあるのも当時の雰囲気を感じさせます。
明治時代、港から吉田橋までを結ぶ馬車が通る道として作られた「馬車道」なので、
お店の前には馬の水飲み場も残っています。

親戚のお店の従業員の分もあるので結構な量になり
相当重くなるので(ただでさえ重いお菓子)お店から送ってもらうことに。
送り状を書く時、店内のテーブル席へ案内してくれて、
お水も出してくれるあたりはさすがです。
お茶しかしたことがないけれど、いつか食事もしてみたいな~と思いました

ブラバンの定期演奏会で使っていた関内ホールの前では数組のバンドがショートパフォーマンスをしていて、心地よい風が吹く中、心地よい音楽が流れていました

古い通りを散策するのも楽しいですね
関連記事
スポンサーサイト
Secret


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。