上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
白馬を出発して安曇野を通りながら帰路へつくことにしました。
安曇野はずっと行ってみたかったところです。
天然水のCMを見るたびに「行きたーい!」と叫んでおります(笑)

ちひろ美術館6

そんな安曇野の中でここも一度行ってみたかった場所です。
安曇野ちひろ美術館

ちひろ美術館2

ちひろ美術館1

山形旅行で訪れた浜田広介記念館と同じくらいのびのびとしたロケーションです。

美術館の中は撮影禁止なので写真はありません。
木を多く使用した建物の中に優しいタッチの子供の絵がたくさん飾ってありました。
でも最初の頃は色遣いも暗く、タッチも今知られているものとは全い、
別人のような絵でした。

入場券にも子供の絵が。

ちひろ美術館入場券

美術館の中の喫茶室は、
テーブルも椅子も木を使った、サイズも小さめのものばかりで
森の中の幼稚園のような可愛い雰囲気がありました。

中庭にはウッドデッキチェアが並び、
運転に着かれたお父さんたちがしばしの休憩を。
きれいな音のする切り株状の鉄琴のようなものも置いてあってほとんど子供たちに独占されていたけど、
隙を狙って叩いてみることができました~♪

裏手にはミニひまわりと・・・

ちひろ美術館4

ブルーサルビアが広がっていました。

ちひろ美術館5

ちひろ美術館3

小さい頃に「ちひろの絵本だけは捨てちゃダメ」と母親に言われたので
ちひろさんの絵本は今でも持っています。


(3日目、つづく)
関連記事
スポンサーサイト
Secret


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。