上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
6月30日(日)

こんにちは、最近出番が少ないロッキーだよ。
先月の終わりだけど、ココ太くんたちと会ったんだよ。

ぼくたちのお家に来た新しい車でまだ長距離運転してないから御殿場のアウトレットに行くことにしたんだ。
お昼は丸天に行こうかって話になって・・・じゃあRinmamaさんに予定を聞いてみようってことになったの。
Rinmamaさんもココ太パパもとても忙しいからどうかなぁって思っていたんだけど、
お昼ご飯ならOKってお返事をもらったんだ。

久しぶりの丸天でパパとママはマグロ三昧定食を食べたよ。
945694_553021974753416_927176559_n.jpg
とっても美味しかった♪ って。

そのあとでココ太くんのお家にお邪魔したんだ。
学園から夏の制服をいただいていたのでみんなでお揃いの写真を撮ったよ。
前からのアングルだとせっかくの制服が見えないから今回は後ろからだよ。
白地にチェックが映えてるね♪
IMG_9711.jpg

みんなはにゃん太・・・の上に乗ってるらぶちゃんに指揮されてたよ。
またみんなで遊ぼうね♪
スポンサーサイト
奥武島を出て少し早目に空港へ向かうことに。
レンタカー会社へ向かう途中、サンエーの他に気になっていた地元スーパータウンプラザかねひで津嘉山店へ。
買い物後、レンタカーを返却してチェックを受けたら、なんと当て逃げされていたことが判明。
保険に入っていたのでまだ良かった。
再び現場へ戻って警察を呼んで事故処理してもらい再びレンタカー会社へ。
夕方のラッシュ道路を往復するはめになったけれど早め早めに行動していて良かった。
ナビが古すぎる!って苦情言おうと思っていたのにすっかり忘れちゃった。
マイクロバスで空港へ送ってもらう途中、ドライバーのおじさんから飛行機が欠航していると聞かされてびっくり。

空港で無事にチェックイン。
JALは全部欠航だったけれどANAは飛ぶけれど、関空か中部に行き先変更の可能性もあるが飛ぶとのこと。
この先どうなるかわからないので夕食はがっつり食べようと、
郷土料理の店 天龍でおふくろ御膳を頼むがこれまた量が多かったけどすごく美味しかった。
有名芸能人の色紙がたくさん貼ってあった。
お腹一杯になったけど帰宅したのが午前2時だから食べておいて良かった。
IMG_9414.jpg

結局飛行機は1時間遅れで到着し、あっという間に羽田へ到着。
ただでさえ帰りは気流の関係で行きより時間が短いのに
爆弾低気圧のせいかもっと早く着いたかも?

着陸を数回やり直しているのがカメラ映像からわかったけれど、数度目のトライでついに着陸。
ランディングした瞬間に防風で大きく機体が傾き近くの席の頭上にある荷物入れの扉が開き驚きました。
無事に着いたアナウンスが入ると拍手が起きました。
時刻は23時を過ぎていました。

行きから帰りまでハプニング続きだったけれど、
全部早めの行動でカバーできて良かった♪
青い海と青い空を見るには梅雨明けがいいらしいのでいつかその時期に行ってみたいな。

(おわり)
まだ時間があるので瀬長島から奥島(おうじま)へ行ってみました。
IMG_0850_20130509181550.jpg

ハーリー(爬竜船競争)に使う船。
IMG_0846.jpg

駐車場で隣の車がほぼ同時に着いたところ。
島の猫がやたらとグリルを覗いて(嗅いで?)いたけど何かあるのかな?
IMG_0845.jpg

グラデーションがきれい
IMG_0848.jpg

この島で有名なのはハーリー(爬竜船競争)の他には天ぷら!
IMG_0853.jpg

安い!!!
IMG_0856.jpg

モズクの天ぷらとアーサーの天ぷら。
モズクはもちもちして大好き。
外で食べようとしたら猫が寄ってくるので車の中へ避難。
IMG_9412.jpg

IMG_0860.jpg

(つづく)
アメリカンビレッジを出てさらに南下し那覇空港に隣接する瀬長島へ。
空港には自衛隊が隣接しています。
IMG_0810.jpg

ものすごくものすごく風が強くて大変でした。曇りだけど海がきれい。
482656_361436683962328_1814905547_n.jpg

子供たちも飛ばされそうになりながら遊んでいました。
IMG_0839.jpg

ここの目的は飛行機。
IMG_0813.jpg

B-767
IMG_0814.jpg

翼に隠れちゃってる「ぱいーぐる」は、新石垣空港「南ぬ島石垣空港」のマスコットキャラクター。
「ピカリャー」は、竹富町のマスコットキャラクター。
IMG_0836.jpg

IMG_0842.jpg

IMG_0819_20130509181519.jpg

真下から見るのもいいかも。この日は野球大会をしていて真下に行けなかったけど
IMG_0818.jpg

IMG_0816.jpg

飛んでくる飛行機が多くて5分に1機くらい見れました。
IMG_0821.jpg

ここも夕景がきれいなので夕景の飛行機を撮りたかったけど次回のお楽しみになりました。
IMG_0815.jpg

(つづく)
嘉手納から南下して北谷町のアメリカンビレッジへ。
アメリカングッズの大きなお店がいくつかあったので覗いてみました。
古着からはがしたと覆われるワッペンが1枚100円で大量に売ってたけど何のワッペンかさっぱり??
ナンバープレートも大量に売ってた。
こちらは1枚350円だったかな?
IMG_9405.jpg

美浜カーニバルパークでお昼ご飯。
IMG_9411.jpg

祝・初A&W。日本では沖縄にしかないけど、その店舗数が多いこと!
どこぞのマクドナルドよりもたくさん見かけました。
沖縄の人は「エンダー」って言うらしいです。
ダンナはドリンクにルートビアをチョイス。
ちょっと飲ませてもらったけど一口でいいやという感じ。
ダンナ的にはありだけどおかわり(おかわり自由)はいらないって。
横山剣が「歯磨きみたいなルートビア~」って歌ってるけどその意味がよくわかりました。
IMG_9408.jpg

野菜が多くて新鮮で美味しかったけどべル鳴らすの忘れたよ~。
IMG_9409.jpg

(つづく)
今日は最終日。飛行機は20時50分発の予定。
ホテルをチェックアウトして夕方まで遊びます。
まずは北へ車を走らせて嘉手納へ。
IMG_0779.jpg

道の駅の目の前に嘉手納基地が広がります。
IMG_0799.jpg

道の駅の最上階が展望台になっていて基地がよく見えます。
展望台と言う名の監視台という話もありますが。
嘉手納基地の滑走路は400mあるとどこぞのガイドさんが説明してました。
IMG_0782.jpg

NHKとか日テレとかフジのカメラマンもカメラやビデオカメラを設置していました。
こういう委託カメラマンがニュース映像とか撮ってるのか。
しかし飛行機エンジンの音がするものの、全然静かな嘉手納基地。
カメラマンさんに聞いたら、今日は土曜日だから離発着は少ないよって。
IMG_0784.jpg

30分くらい待ってようやくこれが着陸しました。
IMG_0789.jpg

1時間くらい待ってずっとエンジン音がしていたこれがこちらに来ました。
兄曰く、潜水艦の磁気を探知する磁気センサーでロッキードP3Cオライオンだそうです。
IMG_0797.jpg

道の駅をあとにしてアメリカンビレッジへ向かいます。
IMG_0807.jpg

(つづく)
ホテルへ戻り車を置いてから徒歩で国際通りを目指します。
この頃から大雨が降ってきて大変だったので写真はほとんどなし。
右は那覇市役所、左は沖縄県庁。
IMG_0766_20130509181424.jpg

前回は半分した歩けなかった国際通りを全部歩き、
市場を抜け、裏にのびるやちむん通りへ行きました。
「やちむん」は沖縄の方言で焼き物の意味。
300年前に王府が各地の陶工をここに集めたのがこの町の始まり。
現在でも多くの窯元と直売店があります。
写真はやちむん通りに残る共同井戸の跡。
NCM_0071.jpg

やりむん通りのカフェで休憩。ふわふわコーヒーとふわふわアイスコーヒー。
NCM_0072.jpg

国際通りへ戻り、モノレールの牧市駅からおもろまち駅へ移動。
おもろまちにはDFSがあるのでここでしか買えないはずのお菓子をリピ購入。
(帰宅してからネットで買えることが判明。がっかりー!)
入口にはCAOCHの金ぴかディスプレイ。
IMG_0767.jpg

IMG_0769.jpg

国際通りで夕食の予定だったけれどホテルの最寄り駅(といっても徒歩15分くらい)の旭橋駅前に居酒屋があったのを思い出して寄ってみました。
あさひ

ここがものすごく美味しかった~!!
前夜の店と比べて「後に行った方が美味しい店で良かったよね」とダンナ。
料理は美味しい、値段も安い、お店はきれい、店員さんも気持ちがいいったらもう言うことないでしょ。
524454_361435783962418_909919042_n.jpg

前夜の店もそうだったけどお通しが3種類出てきた。
最初に注文したのはオリオンビールと島ぎょうざ。すっごく美味しかった。
ダンナの待ちきれない様子がわかる?
IMG_0772.jpg

ヒラヤーチー(沖縄のチヂミ)。ソースで食べるのが沖縄っぽい?
IMG_0773.jpg

島豆腐の厚揚げ。美味~!
IMG_0775_20130509181439.jpg

ピンボケが残念。魚の天ぷら。このボリュームで400円。
フリッターに近い感じ。身はふわふわ。
これもソースでいただきます。
IMG_0776.jpg

ラフテー(豚の角煮)チャーハン。普通のチャーハンとは違う感じ。
これが最高に美味~!
料理を作るおかみは石垣島出身。地元でも美味しくて有名なお店のようです。
このお店を覚えていた私の記憶力と観察力に感謝。
機会があったらまた行きたい。
IMG_0777.jpg

(最終日へつづく)
せーふぁうたきからの帰り道、また時間があったので糸満の道の駅へ。
ナビに表示されなくて迷ったー!住所も出なくて迷った―!漁港の中に入っちゃったー!

ここの道の駅は大きくて楽しかったです。
野菜だけでもものすごくたくさん売っていたので(それも安い!)どんなに買って帰りたかったか(笑)

道の駅でお土産等々買い物した後、お昼ご飯を食べにこの食堂へ。
今年2がつにオープンしたばかりの新しいお店。
IMG_9401.jpg

店内も琉球石灰岩が積み上げらていました。
どうやらお店を作るときに石の積み上げ体験もできたようです。
IMG_9403.jpg

グルクン(タカサゴ)のから揚げを食べました。身はふわふわ、骨まで食べられました。
IMG_9402.jpg

(つづく)
本日の予定は午前中は車で南部へお出かけ。
車をおきにホテルへ行ったん戻った後、徒歩で国際通りへ。
7時起床、8時出発。

今にも雨が降りそうな中、斎場御嶽(せーふぁうたき)へ。
沖縄にたくさんある御嶽(うたき=祈りの場)の中で最高位の場所。
琉球王国最高の聖地。世界遺産。
中には6か所のイビ(神域)がありそのうち3つは首里城にある部屋と同じ名前をもち当時の首里城との深いつ関わりを示しています。
IMG_0744.jpg

御門口(うじょうぐち)。御嶽の入り口。
庶民や男性はここから先は入れませんでした。
王様でさえ女装して入ったとか。
6つの石は香炉で内部にある6つのイビを表しています。
今でも神聖な場所とされているため手を触れることを禁止しています。
IMG_0745.jpg

沖縄の石はとにかく滑りやすいのでゴムがしかれていました。
ものすごい急坂。
IMG_0746.jpg

最初の拝所である大庫理(うふぐーい)。
拝所につき前方の台には上がれません。
御嶽は神が宿る神聖な場所で沖縄県民の信仰のよりどころ。
岩や木があるのみで杜がないものが多い。
IMG_0747.jpg

砲弾池。戦後この辺りは艦砲射撃でできた穴がたくさんあったがほとんどが埋められました。
この穴には水が貯まり池ができ今では小さな生物が住んでいます。
IMG_0748.jpg

IMG_0750.jpg

2番目の拝所、寄満(ゆいんち)。台所の意味。
当時の琉球は貿易が盛んで世界中から集まった交易品がここに供えられました。
この台にも上がることはできません。
IMG_0751.jpg

4番目の神域。左の赤丸は「貴婦人御休み所」。
赤丸の2本の鍾乳石から滴る水は神聖なものとされ受けるために壺が2つ置かれていて今でも水が滴っています。
壺はそれぞれ、シキヨダユル、アマダユルと呼ばれます。
これも触ることは禁止されています。
IMG_0755.jpg

IMG_0756_20130509181304.jpg

この三角岩の奥が斎場御嶽の中で最も神聖な場所、三庫理(さんぐーい)。
ということは沖縄で最も1番な場所ってこと?
IMG_0759.jpg

三角岩の向こうで神女の最高職である聞得大君(まこえのおおきみ)の即位の儀式が行われた。
IMG_0760.jpg

三角岩の向こう左側では久高島遥拝所があり遠くに島が見えます。
琉球を作った神が降り立ったのが久高島とされ、
神事のときには島から砂を運び入れ御嶽に敷き詰めました。
IMG_0762_20130509181342.jpg

三角岩の奥で岩に両手をついてお祈りします(と団体客のガイドさんが説明していた)。
お祈りの前に挨拶をし、お願い事をし、最後にお礼を言うそう。
644279_361636213942375_785893684_n.jpg

入ったときと出るときでは三角の形が違うのは自分の中に生まれた変化を表すとか。
IMG_0765.jpg

(つづく)
着いたのは万座毛。
珍しくダンナリクエストの場所。象の鼻に似ている岩が特徴
ここの駐車場でレンタカーと一般車の追突事故があったようで警察がきていました。
旅行中の事故なんてお気の毒。。。
IMG_0718_20130509181154.jpg

ここからの夕景がきれいらしいけど、曇っていたのであきらめ。
IMG_0719.jpg

もうすぐ崩れ落ちるんじゃないかと心配になる個所もちらほら。
ここからは万座ビーチを一望できます。
ANAインターコンチネンタル万座ビーチリゾートがありました。
いつか泊まってみたい。
IMG_0729.jpg

ホテルへ戻る途中、鶴見つばさ橋のような橋を発見。
町中では夕方のラッシュがすごいのは沖縄も同じ。
IMG_0738.jpg

ホテルの目の前にあるお店で夕食。もう行かない。
IMG_0741.jpg

(3日目へつづく)
海洋博公園をあとにして前回行けなかった古宇利島へ向かいます。

今帰仁村(なきじんそん)付近で発見。
多分、こちらでは見かけないであろう看板「ヤギ売ります」
IMG_0653.jpg

ワルミ大橋を渡り屋我地島を抜けてしばらく走ると・・・
古宇利島が見えてきました。
IMG_0661.jpg

全長1960mの古宇利大橋。
無料の橋としては日本最長だったけれど最近抜かれちゃったみたいです。
IMG_0665.jpg

サトウキビ畑が広がる半径1km、周囲8kmの島。
ウニ丼が名物だけど今回売り切れで食べられず。
やっぱり早く行かないとダメなのね。
IMG_0674_20130509181140.jpg

島の食堂でお昼ご飯。
沖縄固有種豚のアグー焼き肉定食。すごく美味しかった。
アグーは脂身が多いけどコレステロールは外来種の4分の1という優秀な豚さん。
戦後30頭まで激少したが今では600頭まで回復したそうです。
体が小さく子供を産む数も少ないので沖縄でもまだまだ貴重。
IMG_0676.jpg

食後はブラブラとお散歩。
IMG_0680.jpg

天ぷらの出店があったので天ぷら買っちゃいました。
アーサー(青のり)の天ぷら。
本土でいう天ぷらとは感じが違って、フリッターみたいな感じ。
IMG_0687.jpg

島1周ドライブ。このころからだんだん曇ってきました。
IMG_0698.jpg

古宇利島に別れを告げて次の目的地へ。
IMG_0708.jpg

(つづく)
IMG_0647.jpg

IMG_0646.jpg

前回はお花のフェスティバルが開催中で一面いろんな花だったなぁ。
IMG_0416_20130509180948.jpg

このシーサーの噴水も健在でした。
IMG_0418.jpg

前回よりも空いていそうな感じ。
IMG_0422.jpg

サンゴ礁の内と外では海の色が全然違います。
559445_361431640629499_1104520814_n.jpg

円谷作品に出てきそう。
526410_361431807296149_1535464272_n.jpg

ここの大水槽はやっぱり迫力あるな~。
IMG_0571.jpg

前回は満席で入れなかった大水槽に面したカフェ。
今回は・・・「あ!水槽の前の席が空いてる」とダンナがダッシュして席を確保できました♪
IMG_0567.jpg

お茶しながら間近に魚たちを見れました。
IMG_0550.jpg

ジンベイザメのシルエットは飛行船みたい。
IMG_0555.jpg

ジンベイザメ大好きです。
IMG_0562_20130509181051.jpg

ハイビスカスもあちこちに咲いています。
IMG_0641.jpg

前回会わなかったバンドウイルカのフジ。
1976年静岡県伊東市で捕獲。羽田空港からこの水族館へきました。
2002年に病気で尾びれの75%を失います。
ブリジストン協力のもと世界初の人工尾びれプロジェクト開始。
長いリハビリ生活を終えて今では他のイルカ同様に元気に泳いでいます。
尾びれが丸いウチワのような形。
IMG_0637.jpg

ますます天気が良くなってエメラルドビーチがものすごくきれいでした。
559445_361434060629257_49840406_n.jpg

砂浜にもおりてみました。
白い砂に何とも言えない青い海が最高。
11125_361434030629260_1716784108_n.jpg

(つづく)
朝6時起床。7時ホテル出発。旦那は立体駐車場から車を出してる最中。
IMG_0400_20130509180907.jpg

那覇の通勤ラッシュを抜け、沖縄自動車道を北上し終点の許田で下りました。
天気予報は雨だったけれどすごく天気がよくて海がきれいでした~♪
2日目税所の目的地は沖縄美ら海水族館です。
IMG_0409_20130509180907.jpg

許田の道の駅。やんばる物産センターは県内の道の駅第一号店。
ここで水族館のチケットを買うのが一番安いので今回もここで買いました。
IMG_0410_20130509180909.jpg

これから右に出て海の向こうに見える半島の先まで行きます。
IMG_0412.jpg

(つづく)
ツアーが終わってもう4時半過ぎていたのでホテルへ行くことに。
途中で念願のサンエーを見つけたので寄ってみました。
前回行けなかった(知らなかった)地元で一番のスーパー。
IMG_0393.jpg

サンエーの駐車場にて。
ご当地ヒーローとして大人気の龍神マブヤーのイラストがついた車を発見。
17739_361363117303018_2084637139_n.jpg

サンエーでいろいろ見てたらお腹空いちゃって、夕食はお惣菜を買いこんで部屋食に。
ちなみに、私のスーツケースは前日に取っ手部分(ちょうど写ってない部分)が壊れ空港で破損物の申請を。
帰宅後、写っている部分も壊れました。
20年も経ってるからしょうがないかorz気に入ってたのに残念。
539604_361363847302945_1704102651_n.jpg

これも夕食。島豆腐の厚揚げともずくの天ぷら。
かなりボリューミーだったけど美味しかった~♪
あとはチキンごぼうサラダとジーマーミー豆腐。
644256_361363843969612_1184217552_n.jpg

早朝から動いていたので9時半頃には就寝しました。

(2日目へつづく)
ガンガラーの谷のツアー集合時間になったので再びCAVE CAFEへ。
人がちらほら増えていました。
IMG_0330.jpg

カフェの奥の方に集合してツアーの禁止事項やコースの説明、見どころの説明を受けます。
ガイドの高橋さんは千葉県出身。
沖縄の大学に入りワンダーフォーゲル部に所属し沖縄中のジャングルを探検し
すっかり魅了されてしまいここに就職したそうです。
高橋さんの説明、最初から最後までわかりやすくて面白くてとっても楽しかったです。
IMG_0333.jpg

1970年にここから1km離れた場所で頭からつまさきまできれいに揃った人骨が発見され港川人と命名されました。
1万8千年前の人類で日本人のルーツではないかと研究されています。
IMG_0332_20130509180531.jpg

各自水筒を支給され、虫よけスプレーをしてツアー出発。禁止事項は木や石を持ち出すこと。
水筒の中身は冷たいさんぴん茶でした。
IMG_0343.jpg

ガイドさんが触っている竹は生後わずか8ヶ月。
IMG_0336.jpg

40年前には整備してあったこの谷。
すぐ下に流れている川が近所の畜産農家からの汚物で汚染され一般公開が見送られました。
その後、2008年に一般公開開始。40年前に作った東屋の屋根からはシダが育っていました。
このシダは周りの木の落ち葉を養分として成長。
IMG_0339_20130509180552.jpg

あちこちに穴が開いていて日用品が出土しているので、穴は居住空間だったと推定されています。
IMG_0341_20130509180553.jpg

出土した土器。6千年前の土器は硬くてとてもしっかりしていました。
ガイドさんいわく、大阪の人はかなり高い確率でまず匂いを嗅ぐそうです。
548428_361364360636227_902941019_n_20130702100910.jpg

大きなガジュマルもあちこちにありました。
細いのは気根でこれが水を求めて地面まで伸びてやがて太い幹や根になり元の幹は枯れてしまいます。
そのためわずかに木が動くためガジュマルは歩く木と言われます。
IMG_0345.jpg

沖縄は信仰が強く遺跡にも多く見られます。
ここはイナグ洞といい女性を意味する洞窟。
昔の人が良縁祈願に訪れていた。危険なので中には入れないが、
お尻の形をした鍾乳石と乳房の形をした鍾乳石があると写真で見せてくれました。
母神と手書きされた古い看板が立っていたけど、
40年前にはすでにあり誰が立てたものかわからないそう。
IMG_0348_20130509180617.jpg

男性を意味するイキガ洞。この中に入ります。
IMG_0349.jpg

中は暗いのでランプ片手に入ります。
72098_361362837303046_2124124919_n.jpg

IMG_0351_20130509180611s_20130702095106.jpg

男性器のような鍾乳石が信仰対象。昔は地元の人が子宝祈願や安産お礼に訪れていたそう。
イナグ洞とイキガ洞を合わせて、種之子御嶽(サニヌーシウタキ)と呼びます。
IMG_0352.jpg

この先も洞窟は続くが水があるため進ません。
IMG_0353.jpg

洞窟を出て元の道に戻ります。
IMG_0354.jpg

崩れた大きな岩を小さな岩が支えています。
ガイドさんは地層が専門なのでこの大岩が崩れるときが見たいとのこと。いつになることやら。
IMG_0356.jpg

トンネルを抜けると姿を現す大主(うふしゅ)ガジュマル。
「うわ~」って歓声があがりました。
数十万年前の洞窟の天井が崩れて出来た場所。
手前で通ったトンネルの上は今では道路になっているが昔は集落で人が住んでいました。
地面には小さい穴がたくさん開いていて、今のお年寄りが若い頃この谷がどこまで続いているか自分の名前の書いた石を投げ入れて試していたそうです。
その石は1つも発見されていないのでどこかにたくさん貯まっているのでは?とガイドさんの話。
投げ入れたときの音からガンガラーの谷と名付けられました。
IMG_0359.jpg

崩れずに残った天井部分。
IMG_0367_20130509180756.jpg

住居跡。何年前かは忘れた。
IMG_0369_20130509180744.jpg

フィッシャー(割れ目)。
ここから1㎞離れた八重瀬町港川のフィッシャーで港川人が発見されました。
こんな割れ目で生活していたとは思えないことから、誤って落ちたのか?死後葬られたのか?
IMG_0377_20130509180734.jpg

数千年前の石棺。ここからも頭蓋骨からつま先までそろった人骨が発掘されたそうです。
土がアルカリ性で石が軽石でカルシウムが多いことが保存状態を良くしているとのこと。
この石棺は地方からわずか15cmのところにあったことが驚き。
IMG_0379.jpg

石棺が発掘された洞窟からはイノシシを焼いて食べた跡なども発見されたそう。
ここで最後のまとめのお話を聞きました
IMG_0381.jpg

石寛の蓋として摘まれていた石をどかしたもの。
IMG_0382_20130509180839.jpg

80分に渡るツアーも終わり。
IMG_0385.jpg

ツアーが終わって洞窟の外に出て見るとそこはおきなわワールドでした。
IMG_0388.jpg

(つづく)
CAVE CAFEの道路を挟んで反対側にある沖縄ワールド。
エイサーやハブvsマングース、鍾乳洞がありますが
無料エリアで過ごしたかったのとショーの時間が合わなかったのと雨が降ってきたので
軽く散歩をしてブルーシールアイスを食べてのんびりしていました。

IMG_0317.jpg

IMG_0320.jpg

IMG_0321_20130509180505.jpg

IMG_0322.jpg

(つづく)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。