上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
安曇野をどんどん進みながら松本方面へ。
わさび農場へ行くつもりが・・・着いてみたら大渋滞。
あっちからもこっちからも車が押し寄せていました。
朝ドラの影響でしょうか?
美術館をはじめ安曇野は全体的に混んでいました。

先にお昼たべよう!という話になり、
渋滞を横切って近くにあったお蕎麦屋さんのごぼーでんへ。

夫も私もわさび蕎麦を註文。
適当に入ったお店でしたが、めちゃめちゃ美味しいお蕎麦を食べることができました。
お水はセルフですが、北アルプスのものでこれもとても美味しかったです。
お店の中はアンティークな家具が並びレトロな雰囲気がたっぷり。
女子トイレに至っては個室は重厚な木製ドア、天井にはシャンデリアでした。
ここは宿泊もできるようなので泊まってみたいです。

お昼を食べ終わって外に出ても相変わらずの渋滞。
でもここでナビが力を発揮してくれました!
わさび農場から遠ざかるように指示するナビを信じて進んでいくと、
わさび農場駐車場裏口に着きました。
こちらからも入れるのに全然混んでいなくてラッキーでした♪

大王わさび農場
わさび農場1

わさび農場2

わさび農場3

わさび農場4


わさび農場5


わさび農場6

わさびを育んでいる水を体験できるコーナーがあり、
足をつけることができました。
すっごく冷たかったけれど気持ち良かった~♪

わさびソフトクリームとわさびコロッケを食べたけれど
写真はありませ~ん。
こちらを参考にしてください。

旅行はこれで終わりです。
今年も楽しく遊ばせていただきました。


帰りは中央道に乗りましたが渋滞があったので都留で下りてナビの言うとおりに山越え。
道志村、相模原緑区(旧津久井郡)、宮ヶ瀬湖、清川村を通り厚木に出ました。
そりゃもうすごい山道で厚木に着いたときには首も肩もコリコリでした


(2011年 夏旅行 おわり)
スポンサーサイト
白馬を出発して安曇野を通りながら帰路へつくことにしました。
安曇野はずっと行ってみたかったところです。
天然水のCMを見るたびに「行きたーい!」と叫んでおります(笑)

ちひろ美術館6

そんな安曇野の中でここも一度行ってみたかった場所です。
安曇野ちひろ美術館

ちひろ美術館2

ちひろ美術館1

山形旅行で訪れた浜田広介記念館と同じくらいのびのびとしたロケーションです。

美術館の中は撮影禁止なので写真はありません。
木を多く使用した建物の中に優しいタッチの子供の絵がたくさん飾ってありました。
でも最初の頃は色遣いも暗く、タッチも今知られているものとは全い、
別人のような絵でした。

入場券にも子供の絵が。

ちひろ美術館入場券

美術館の中の喫茶室は、
テーブルも椅子も木を使った、サイズも小さめのものばかりで
森の中の幼稚園のような可愛い雰囲気がありました。

中庭にはウッドデッキチェアが並び、
運転に着かれたお父さんたちがしばしの休憩を。
きれいな音のする切り株状の鉄琴のようなものも置いてあってほとんど子供たちに独占されていたけど、
隙を狙って叩いてみることができました~♪

裏手にはミニひまわりと・・・

ちひろ美術館4

ブルーサルビアが広がっていました。

ちひろ美術館5

ちひろ美術館3

小さい頃に「ちひろの絵本だけは捨てちゃダメ」と母親に言われたので
ちひろさんの絵本は今でも持っています。


(3日目、つづく)
8月14日(日)3日目

旅行も最終日。
白馬村からスタートです。

白馬はスキー場ばかりなんですね。
その中でも特に目を引くジャンプ台へ行ってみました。
長野五輪で日の丸飛行隊が活躍したジャンプ台です。

ジャンプ台駐車場

余談ですが、この駐車場でキャッチボールしている子供にボールぶつけられましたねぇ。
ゴン!って音がして夫が外に出てあちらの親御さんが謝りに来て・・・
こんなところでキャッチボール始めたから嫌な予感がしたんだけど的中でした


中に入るとウエアが展示してありました。
見た目通りの素材、手触りでしたよ~。

ジャンプ台ウエア

まずはジャンプ台が一望できる場所へ。
右がラージヒル(全長385メートル)、
左がノーマルヒル(全長318メートル)です。

ジャンプ台下から

聖火台もありました。

ジャンプ台聖火台


[広告 ] VPS


実は、このあたりでしか見学できないと思っていたのですが、
リフトで上まで行けるらしいので気軽な気持ちで行ってみることに。
この気軽さが後からとんでもないことになるのですが・・・。

もともと観光用に作られたリフトではないので安全バーがありません

ジャンプ台リフト乗り場

スキー場のリフトは乗る時に押さえて少し止められるように滑車が付いているらしいのですが(夫談)
ここにはそれもついていないので止めるとその分だけ揺れが返ってきます。


[広告 ] VPS


ジャンプ台、間近で見るのと離れて見るのでは印象がまったく違ってすごい迫力なんです。
「もしかしてヤバくない?」と私の頭の中でパトランプがクールクル。
そう、私は高所恐怖症なんです
↓後に渡り廊下を歩くことになるなんて

ジャンプ台リフト
→続きを読む?
旅行2日目の目的地に到着。
長野県の白馬村です。

お宿へ行く前に立ち寄ったのは大出の吊橋。
大出の吊橋1

新しい橋みたいです。
この橋からはアルプスの雪解け水が流れる川と雪景色のアルプスが望めますが・・・
そういう景色は春とか初夏とかが見ごろみたいですね。
大出の吊橋2

他に人もいなくてコピちゃんが一人占めです。
大出の吊橋3

「まって~」
大出の吊橋4

「川で水遊びしたいなぁ」
大出の吊橋5

お宿へ向かう途中の踏切。
行き先表示板に「糸魚川」の文字が(右上)。
この旅行では日本海まで45kmというところまで行くことができました。
大出の吊橋6

(2日目、おわり)
(旅行の話しの途中ではございますが・・・)



そっか~地球はひとつだけじゃないんだ!

boちゃんとスイカ2

前回頂いたまんまるスイカ。
夫が社長の奥さんに会ったのでそのお礼と私が大のスイカ好きで大喜びしていたと話したら・・・
「まだあるから持ってけ」とまた頂いてきました(^_^;)

旅行前に冷蔵庫をなるべく空にし、
帰ってきた翌日、冷蔵庫を埋めるようにいろいろ買ってきたので
スイカの余地なし(^_^;)

1週間くらい常温で置いておき、今日やっと入れることができました。
入れ方は前回とほぼ同じ。チルド室の屋根がややしなって湾曲しています(^_^;)
冷蔵庫、ガンバレ!

一時期気温が低くてスイカ気分じゃなかったけど、
また暑くなって良かった、ほっ。
志賀高原を走り抜け町が広がってきたところに道の駅があったので、
ここでお昼ご飯を食べることにしました。
北信州やまのうち

道の駅で昼食
●志賀高原名物の笹の葉寿司
●信州サーモンを使った押し寿司「紅の道」

信州サーモンは長野県水産試験場で10年をかけて開発された品種で
ニジマスとブランドトラウトの掛け合わせです。
適度な油とすっきりした後味でとても美味しかったです
写真はないけど、野沢菜のおやきもいただきました。
どれもとても美味しかったですよ~。

ここでは桃も買いました。
一箱に12個も入ってたったの1000円です。
おばちゃんに「甘い?」って聞いたら「美味しいと思います」って。
帰宅して食べたらと~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~っても甘くて
美味しかった
こんなに美味しいならおばちゃんもっと売り込めばいいのに。。。
そしたらもう一箱買ってきたのになぁ。
横手山をあとにしばらく走ると志賀高原です。
ここで寄ったのは・・・

「煙を頭につけていい子いい子して~」コピちゃん、いい子になれる煙じゃないよ(^_^;)
ほたる温泉2

ここで出た温泉が付近のお宿へ流れているんですね。
この近くにゲンジボタルが生息しているのでほたる温泉というらしいです。

ほたる温泉

ほたる温泉3

車で通りかかったとき、Pの文字がないので乗り入れるのをためらいました。
100mくらい走ったら無料Pがあったのでそこにとめて歩いてきたのですが・・・
ついたときには数台の車が乗り入れていました。
私たちが真面目なのか、日常の性なのか・・・こういう場所ではもっとアバウトでいいのかな?(^_^;)

ほたる温泉4

ほたる温泉をあとにして・・・一番近いトイレマークへ寄ることに。
そこは木戸池という池でした。

木戸池

ホテルもありましたよ~。
学生さんたちの貸し切りのようでした。
離れていたので写真はないけど、ここでも白いツアくんに遭遇。

池のほとり(土の部分)に乗るとぼよんぼよんと弾んだのが面白くてしばらく一人で遊んでいました。
↓夫は車から見ていただけ。
一緒にやろう!って誘ったのに( ̄、 ̄)チェッ

木戸池2

(2日目、つづく)
白根山のお釜を後にして車はどんどん標高が高い所へ。

「一番高いところまで来たよ~」
ロッキーと車窓

途中、こんな場所がありましたが、霧で真白でした

国道最高峰


ロッキーと車窓2

着いたのは横手山。
車を降りて山頂のヒュッテを目指します。
もちろん歩いてではなく・・・

横手山渋峠リフト

リフトでーす。
しかもロマンスリフトだって。

渋峠ロマンスリフト

20年ぶりのリフト、しかも夏リフトは初めてでした。
リフトに乗ると静かな世界が広がりとても気持ちが良かったです
しかし、怖くてロッキーちゃんは出せず(^_^;)


[広告 ] VPS


山頂でリフトを降りて少し歩くとヒュッテがありました。
↓見づらいけど21℃をさしてます。

横手山山頂2

幸か不幸か、雲海があまり見られず(^_^;)
雲の上の世界というかんじではなかったけどその分景色は良かった。

横手山山頂

運が良ければ富士山の頭だけ見えるようです。
この日はもちろん見えませんでした。

横手山山頂4


[広告 ] VPS


↓私たちが乗ってきたリフトではありません。
こちらは駐車場からスカイレーターという動く歩道のようなもので途中まで上がり、
そこからこのリフトに乗りますが、これ、かなり急こう配でした。

横手山山頂3

「ぼくはこっちに乗りたかったな」えぇ~!?ホントに~!?

横手山山頂5

「ニッコウキスゲがキレイだったよ

横手山山頂6

ちなみにこのリフト、「怪しいお米セシウムさん」でニュースになった某テレビ局がスポンサーのようで
ひとつひとつにステッカーが貼ってありましたよ~。

(2日目、つづく)
8月13日(土)2日目

朝7時半にホテルを出発して最初に向かったのは白根山です。
白根山1

ここでちょろちょろっと歩いてお釜を見よう!という計画。
↓黄色の線を歩いたのですが・・・

白根山2

これがかなり急こう配
山歩きする方はご存じだと思いますが、
太陽の強さが半端ない
大きな雲に太陽が隠れている間はいいのですが
顔を出すとジリジリ、チリチリ

↓駐車場の横に見えるのは後で行ってみた弓池です。
白根山3

途中、何度も立ち止まって休憩しながら登りました。

白根山4

白根山5

「やっと平らな所に来たね~」
ロッキーちゃん抱っこで来られるからいいなぁ。

白根山6

やっとお釜に着いたけど・・・ビミョーな様子
振り返れば、摩周湖も霧一色、蔵王のお釜も霧一色&暴風、蔵王お釜手前の大黒点も霧一色・・・。
それらに比べたら上々かな

白根山7

「見られただけラッキーだよ☆」
ロッキーちゃんが言うとおり、すぐに雲に隠れてまったく見えなくなりました。
そんなとき「あぁ~!やっと着いた!!」と来た方たちが気の毒で(^_^;)

白根山8

登りも辛かったけど、急こう配は下りも辛い
下り終わってちょっとした階段を上り下りするとき、
膝がカクカクと笑っていました(笑)

弓池1

ちょっとコーヒーブレイクしてから弓池の方へ行ってみました。

弓池2

遊歩道があり散策できるようになっています。
ちょっと(?)歩けばロープウェイの駅もあるみたいでした。
が、膝の笑いが止まらないので散策は中止。

弓池3


[広告 ] VPS


(2日目、つづく)
白糸の滝を出発して本日の宿泊地、万座温泉を目指します。
途中の浅間六里ヶ原休憩所で休憩。
浅間山とツアくん
車に戻ってきたら前にシルバーのツアくんがとまってた。
ツアラーツアラー

通り道なので鬼押出し園に寄ることに。
鬼押出し園1

行きは表参道を、帰りは裏参道を歩きました。
鬼押出し園2

噴火でできた荒涼とした世界が広がります。
人も少ないし、こんなことならダッキーちゃんを連れてくるんだった。。。
鬼押出し園3

鬼押出し園4

鬼押出し園8

鬼押出し園9
お盆期間中は道の両側に明りを並べて夜も開園していたようでした。


[広告 ] VPS


お腹が空いたのでこのお茶屋さんでお団子を食べました。
鬼押出し園6

鬼押出し園7

今日の観光は終わり。
あとはお宿を目指すのみです。
さすがにここまでくると空気もひんやり。

この日、最初で最後の1枚となった写真。ごめんよ~
下は川が流れていました。
万座温泉にて
エアコン設備が一切なかったけど本当に必要ありませんでした


この日通った有料道路、4か所で合計2080円也。

(1日目、おわり)
8月12日(金)

今年の夏休み旅行の第一日目。
今年は4時起床で出発。
まず目指したのは軽井沢です。

軽井沢の渋滞を避けるために2駅離れたしなの鉄道の信濃追分の駅前駐車場に停めて
電車で軽井沢へ。
夫が会社の人から聞いてきた方法です。

信濃追分駅

車を入れていたら上りと下りの電車が行っちゃって・・・
駅員さんに聞いたら「次の電車は1時間後です」って。
たまにはこういうのもいいか~ということでホームの待合でのんびり待ちました。
日差しは強いけど風がとても涼しかった
そうそう、切符は昔懐かしい固い切符でしたよ。

(懐かしい切符と言えば、昔、車掌さんがオレンジ色の長いのを持っていて路線図見たいのが描いてあって行き先を穴であけるっていうのありませんでした?
切符じゃなくて車内精算時の車掌さんの控えだったのかな?)

信濃追分駅ホーム

電車の時間が近づくとだんだん人も増えてきて、
駅前駐車場もいっぱいに。
みんな考えることは同じなんですね。

軽井沢についてからはシャトルバスで旧軽井沢銀座へ。
お昼御飯におそばを食べたけど、写真はありません。
とっても美味しいおそばでした

ブラブラしたけど、かなり暑くて大変でした
旧軽銀座

一通り見たのでもう次へ行こうという話になり、
バスを待ったけど時間があったので軽井沢駅まで歩くことに。
20分程度なので普段なら大したことないけど
日差しが暑くて暑くて暑くて暑くて
帽子は持っていたけどやっぱり日傘に限ります!!

なんとか駅に着いたけど、まったく汗をかいてない私に五色沼のときと同じくらい夫がびっくりしちゃって。
水分補給をして生き返りました~。

再び電車で信濃追分へ。
軽井沢駅
この電車、停車中は手動でドアの開閉をするんですね~。

信濃追分駅前の駐車場、料金がびっくりするくらい安くて
たしか100円しか払わなかったと思います。

車で次に向かったのは白糸の滝。
私は10年くらい前でしょうか、紅葉の時期に行ったことがあります。
有料道路をちょろっと走って駐車場に着いたけど、
案内してくれる人もいないので自分で見つけなくてはならず。
対向車もくるし、後ろも続いているので止まって待つこともできず。
なかなかタイミングが合わずやり過ごしているうちに通り抜けちゃったりして。
過ぎたら過ぎたでUターンできる場所まで300mとか遠くて遠くて。
2往復してやっと駐車できました。。。

涼しいし、マイナスイオンたっぷり浴びてまたまた生き返りました~。
白糸の滝


[広告 ] VPS



[広告 ] VPS



(1日目、つづく)
2011.08.22 いただきもの
もうすっかり時間が経ってしまいましたが~
頂きもののお写真を撮ってあるのでUPです。

Rinmamaさんからちょこっと帰省したときのお土産
Rinmamaさんからのおみや
タフィちゃんはお好み焼きが気になるんだよね。
いつも「汚れちゃうと困るから近付いちゃだめ」って言われるもんね。
フルーツゼリーも京都のおせんべいも美味しかったです♪

それからもうひとつ。
お友達で作っている方がいらっしゃるそうで。
夏らしいひまわりのヘアーゴムを作ってくださいました
Rinmamaさんとおソロ~♪
ひまわりのモチーフだよ
タフィちゃんのじゃないからね~
たしかに可愛い系が似合うけど。。。

それから、じゅりちゃんからいただいた軽井沢のお土産+α
じゅりちゃんからのおみや

秩父のお祭りバージョンのリラックマ、
万平ホテルのグッズ(とても可愛くて使えないかも~)
宇宙食プリンにパパさんの会社のグッズまでいただきました

いつもいつもどうもありがとうございます
2011.08.09 夏の定番
今年3食目のぴょんぴょん舎の冷麺です
ぴょんぴょん舎

祖母の所へ行ってた頃はお店に食べに行ってたけど亡くなってからは盛岡へ行くこともなくなりました。
大学生の頃、本店に連れて行ってもらってベンツの後部座席から落ちて転んで膝を血だらけにしたまま食べたのが最後です。
初ベンツだったのに
このシュールな思い出はなかなか忘れられません(笑)
その後はお取り寄せしていたけれど、
ここ数年でスーパーでの東北フェアで見かけるようになりました
現在では銀座、ラゾーナ、新三郷に行けば食べられるけどね

お盆は旅行中なので、日曜日に夫と義実家のお墓参りをしました。
1歳で亡くなった夫の兄しか入っていませんが、
ワタクシ的にはこういうことはちゃんとしたいので年に3回お参りしています。

その足で義実家へ行きました。
月曜日(昨日)は御施餓鬼でお寺に行くから、
後でバスで駅前に行ってお花を買ってこようと思っていたけれど
行かなくて済んだから助かった~雷も鳴っていたし~と何度も感謝されました。

持っていったスイカ、スイカ大好きな義父は「美味しい美味しい♪」って
義母も珍しく美味しそうに食べていました

昨晩、義母から電話があって、お墓のお花がとてもきれいだったと言われました。
リンドウの青が特に良かったよ~って。
季節のお花が入った花束を選んで良かった
私の選択、どうやら吉と出たようです(笑)
この地球はぼくのものだ~~~~~~~~~~~~~!!!

Boちゃんの世界征服

なんだかスイカみたいだけど?(笑)
地軸の傾きと同じくらい、スイカ自体が傾いてるし(^_^;)

この尾花沢スイカ、夫が会社で頂いてきました。
社長の田舎が山形で、送られてきたから持って帰れって。
すごく大きくて重くて、10キログラム以上あることは確実です。

突然やってきた特大スイカですが、
切ってしまうと冷蔵庫にいれなくてはならないので
バームクーヘンがある程度片付くまで常温で置いていました。

やっとシンコが半分片付き冷凍庫へ入ったのでスイカを冷蔵することに。
でもわが家の冷蔵庫にそんなスペースはありません。

野菜室までフルに使ってやっと確保したスペースにスイカを入れたはいいけれど、
その重さで下のチルド室が歪んでます
まな板入れて補強したけどかなり厳しい~~~~~~~~~~~~~~~~~
冷蔵庫にスイカを入れてみた

旅行に行くまでに片付けなくちゃ!!
日曜日に義実家へ持っていこうかな。
でもなぁ、「私スイカ嫌い」って言われるの目に見えるようだ。。。
義父の分だけ持っていこうかなぁ。

→続きを読む?
もう1種類のバームクーヘンを食べてみました。
マダムブリュレ。
マダムブリュレ
はい、こちらは豹柄です。

メープルシロップをしみ込ませたバウムクーヘンの表面に、
フランス産カソナード(赤砂糖)をたっぷりかけいっきにキャラメリゼしたものらしいです。
マダムブリュレ2
ものすごく甘そうだけどほろ苦さがそれをほどよく調和しています。
結構くせになる味かも

前回UPし忘れたけど、乾燥材ももちろんマダム仕様です(笑)
マダムの乾燥材
終了時は出かけていて見られなかったので
終了お知らせ画面から砂嵐になる瞬間を見ようとしたら、
午前0時より前にすでに砂嵐になっていた。。。
F1見て寝たんだった
地アナ終了


という写真が出てきたのでUPしとこ。
2011.08.02 マダムシンコ
夫の上司の奥さんがお取り寄せしてくれたマダムシンコのバームクーヘン。
すべてがシンコカラーで素晴らしいデス。
パッケージからしてこんな感じです。
マダムシンコ1
シャネルのバッグみたい?

太っ腹の奥様なので2つも買ってくださいました。
その箱がまたすごいの(^_^;)
マダムシンコ2

豹柄の箱がマダムブリュレ、ゼブラ柄の箱が塩キャラメルバウムです。
マダムシンコ4
今夜はゼブラ柄の方を食べたのですが、
箱の中も全面ゼブラ柄でした。
箱を裏返して組み立て直したらゼブラ柄一色の箱になりましたよ~。
↑マダムのお顔がデザインされたこの紙はブックマークに使えるんでしょうか??
透明なパッケージにももちろんマダムのお顔が印刷してあります。

おっと、忘れるところでした。
保冷材ももちろんシンコカラー炸裂です。
マダムシンコ3

塩キャラメルバウムをいただきます。
マダムシンコ5
3つの食べ方があるそうで、冷凍でキャラメリゼがパリパリ、
レンジでふわふわ、常温でキャラメリゼがジャリジャリだそうです。

今回は冷蔵でいただいたので常温の食感に近いのかな。
マダムシンコ6
しつこくない塩キャラメルの風味ときれいに年輪の出来ているやわらかいバームクーヘンが思っていた以上に合って美味しかったです。

残りは冷凍しました。
パリパリが楽しみです~♪

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。