上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011.04.29 イースター2011
遅くなりましたが、イースターの写真です。

先月、Rinmamaさんからいただいていたイースターの卵。

boysに見つからないようにこっそり隠しておいたものをお披露目です。

そしたら・・・この2人がすっかり気に入ってしまって

イースター2011その1

「ねぇねぇ、何が生まれてくるの?」
「君は誰なの?」
「ぼくたちお行儀よくして待ってるから早く出てきてね」

卵も困っているでしょうね・笑

この卵は本物の殻ですよ。

中はチョコレートだそうです。

割るのもったいないなぁ。

そして、こちらもイースターの卵。

本物の殻にきれいにペイントしてあります。

数年前に父がウクライナから持ち帰ったものです。

イースター2011その2
スポンサーサイト
ショーを見てから「ドルフィンファンタジー」へ。
頭上をイルカが泳ぎます。
でも3頭しかいなくて従来より少なかった。。。
ここでは結婚式やパーティーもできるそうですよ~。
ドルフィンファンタジー
水槽をバックに写真を撮っているとイルカが寄ってくることもあります。

そして、今回やっと、初めて行くことができた「ふれあいラグーン」。
ふれあいラグーン

間近でジャンプすることもあるので水には要注意です。
↓黒くて大きいのはクジラですよ~
ふれあいラグーンイルカジャンプ


[広告 ] VPS


イルカに触ることもできます。
水槽の壁と平行になるように寄ってきたら「触っていいよ!」の合図だそうです。
白イルカが寄って来たので触ろうと手を伸ばしたら、
隣のおばちゃんが割り込んできて手が届かなかった
ちぇっ!と思ったその瞬間、白イルカが口からぴゅっ!と水をかけてきました
そのあともしばらく待ってみたけれどチャンスがありませんでした

時間によってペンギンや、アザラシ、セイウチなどが間近で見られる広場。
今回はセイウチの登場でした。
フレンドリーサークル
もちろん、ここでも触ることできます。
いや~初めて触っちゃいましたよ、セイウチに。
感想は・・・皮膚が固くて厚いお肉という感じでしょうか

アザラシのプールの中にはトンネルもあります。
水と厚いガラスで平衡感覚が・・・。
アザラシがびゅんびゅん泳いでいたのに写真撮れませんでした。
ひれあしビーチトンネル

ふれあいラグーン、想像していた以上に楽しめました

水族館のほかにアトラクションもあります。
結婚直前に夫と乗ったサーフコースター。
海の上にあってスリル満点という触れ込みですが、
二人して蚊にたくさん刺されたことしか覚えていません・笑
サーフコースター
4月16日(土)

夫が3月1週目以来の土休でした。
TDLへ行くつもりだったけれど混雑していそうなのでやめに
かといって遠出する気にもなれず・・・
近場でのんびりできそうな場所ということで八景島シーパラダイスへ行ってきました。(近すぎ
八景島シーパラダイス2011

あまりニュースになりませんが横浜でも液状化現象があり、
八景島近くのマンションでは地盤の隆起や陥没で1mも段差ができています。
シーパラダイスの駐車場も一部が使えなくなっていました。

シーパラはヴィオレッタを連れて行った時以来だから実に2年ぶり。
昨年秋に千葉で網にかかったジンベイザメが2頭引き取られて、
東日本初の展示です。

久しぶりの水族館ではこんなコーナーも。
私もテレビで見ましたが、某番組とコラボ中なんですよね。
これはウッチャンが潜って指令を出していた水槽。
イッテQ水槽

このオオナマコが捕獲された放送内容はこちら
近づいてじーっと見ないとどこに居るのかわからないけど。
オオナマコ

クリオネもいました。
クリオネ

クラゲコーナーでは足の長いクラゲがいたけど・・・
絡まってる!
足が絡まってしまっています。

ニシキアナゴとチンアナゴ。
アナゴたち

イワシの大群がいる大水槽の中を・・・
イワシの水槽
・・・エスカレーターで上がっていきます。

[広告 ] VPS


ショーが行われる会場。
ここにジンベイザメがいましたよ~。
アクアスタジアム上から

隣接するプールではショーに出演するイルカたちの他にも
練習中の白イルカを発見。
先日テレビ番組でシーパラの飼育員さんがイルカの調教の仕方について説明していましたが、
手から餌をもらって食べるようになるまで1ヶ月かかるそうです。
餌を食べるようになったら、
笛を吹いて餌をあげる→笛が聞こえたら餌がもらえるぞ
という訓練を1ヶ月、さらに、
偶然イルカがジャンプしたら笛を吹いて餌をあげる→ジャンプしたら笛が聞こえて餌がもらえるぞ
という訓練を1ヶ月。
イルカが偶然ジャンプをするまでじっと待ち、
ジャンプをしたらすかさず笛を吹くそうです。
そうやって少しずつステップアップしていくので、
ショーに出られるまでにするには膨大な時間がかかっているんですね。

[広告 ] VPS


現在のショーは「ウェルカム ジンベエ」という内容です。
ジンベイザメはオープニングで主役を務めます。

[広告 ] VPS


その後はゆうゆうと泳いでいるだけですが(^_^;)
まだ体が小さいけれどそのうち美ら海水族館のジンベエぐらい大きくなるのかな?
シーパラのショーはスケールが大きいのでとても楽しいです。
白イルカのキス


[広告 ] VPS


ショーが終わると水槽の前まで入場できて、
ガラス越しにジンベイザメを見ることができます。
(ガラス越しに見ているときに地震がきました)




(つづく)

病院へのお使いで、朝一番で新横浜へ行ってきました。
今日はとてもいい天気
一生懸命歩くと少し汗ばむくらいの陽気で風が気持ちいいです

病院では兜が飾ってありました。
病院の兜

病院の前は桜並木です。
労災病院前川沿い

ずっと川沿い

青空に映えますね
労災病院前

今日のおやつはこちら
このワンちゃんたちはbreezeさんのワンちゃんの仲間ですよ~
今日のおやつ
こんにちは!ぼくロッキーだよ

日曜日のお花見、ぼくも連れて行ってもらったんだ
広~い公園でたくさん遊んできたよ。
砧公園ロッキー1

木登りもしたんだ。
枝の上だって怖くないもんね。
砧公園ロッキー5

ヤマザクラはソメイヨシノよりも早く咲いて散っちゃうんだね。
砧公園ロッキー2

お花が落ちていたからお帽子に飾ってみたよ。
砧公園ロッキー3

絞りのお花もあったよ。
きれいでしょ?
砧公園ロッキー4

公園にある世田谷美術館のオブジェでも遊んだよ。
これはなんの形なんだろう?
ゲイジュツってムズカシイね
砧公園ロッキー6
砧公園を出発して義実家近くの桜名所へ行きました。
ちょうど9時になるところだったので、
川沿いの大型スーパーでの朝市で買い物をし、
駐車させてもらったまま川沿いを歩きました。
ちなみにこのスーパーは東海道五十三次の戸塚宿江戸方見附があったところです。

横浜の桜は東京より少し遅れていてまだまだこれからという感じ。
BS工場側からみた風景。
柏尾川1

歩道は桜のトンネル。
柏尾川2

たわわに咲いてきれいでした。
柏尾川3

一国側からの風景。
柏尾川4

4月10日(日)

世田谷の砧公園へお花見に行ってきました。
東京インターおりてすぐ駐車場があるので車で行くのに便利なところです。
この日は保土ヶ谷バイパスも東名高速も空いていて30分で到着
だがしかーし、6時半に着いたにもかかわらず人が多かったなぁ。。。
前回は7時でも空いていたのに。
(前回の砧公園の様子はこちら

砧公園2

砧公園3

たくましい枝も相変わらず。
地を這ってみたり・・・
砧公園4

再び空へ向かってみたり。
砧公園5

砧公園1

砧公園6
1985年。
夏休みを利用して一人で盛岡市内の祖母の家に行きました。
たしか、兄が東北新幹線に乗るところまで見送ってくれたと思います。

祖母の家で日航ジャンボ機の事故を知りました。
その数日後、伯父一家が三陸海岸(岩手県宮古市周辺)へキャンプに連れて行ってくれました。
海岸線をドライブしながら海水浴。
青い空と青い海に囲まれたのどかな場所。
その反面、切り立った断崖が何も寄せ付けないような静かな力強さを感じました。

高校生のときには友人と再訪したし、
大学生のときには宮城県の気仙沼や松島も訪れたし、
福島にいたっては昨年夫と行ったばかり。

楽しい思い出があちこちに散らばっている場所だったのに、
連日映し出される変わり果てた光景が今でも信じられません。
白い玉砂利と青い海のコントラストが極楽浄土の様だった「浄土ヶ浜」も
ただの灰色の砂が広がる海になってしまいました。

これは伯父一家と訪れたときに撮ってもらった写真や、
後日伯父が地図に書き込んでくれたメモ。
防波堤に上って撮った写真もありました。
田野畑漁港によってクーラーボックス用の氷をわけてもらったこともありました。
85年三陸
三陸鉄道のパンフには各町(村)の見どころが書かれていて
宮古市田老には「チリ地震津波もはね返した、さながら万里の長城を思わせる防波堤に囲まれた町」と書いてあります。
あれから二十数年後、まさかこんなことになるとは・・・。

最近、復興支援ソングで「上を向いて歩こう」をよく耳にしますが、
その歌を聞くと日航ジャンボ機の事故もリンクして85年の夏を思い出します。

体のあちこちが不調でしたが、
日曜日にお花見に行ってリフレッシュしてきます



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。