上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
泊まったホテル、お風呂もトイレも狭いのですが朝食がとっても美味しかったです♪
おばちゃん達数名で作っていたようで、家庭の朝ご飯そのもの(*^_^*)
夫は洋食を私は和食をチョイスしました。

まだ時間が早いけれど、最終目的地のアクアマリンふくしまへGO
昨日も行ってるから楽勝、楽勝♪
アクア~マリンの~ままで~いて~なんて懐かしい歌がつい口から出たりして。

今年もダッキーちゃんたちには白鳥さんの船に乗せてあげられなかったけれど、
白鳥さんには会えたよ~。
白鳥さん
前日に見つけていたので、ココで記念写真を撮ろうと思っていたけれど
ちょっと雨がぱらぱらしていたのでやめました。。。

開園まで1時間半もあるのに、一番近い駐車場にギリギリ入れた感じでした(^_^;)
あ、あれ~?まだ早いのになんだか車多いよね。なんで~?
と車内で話しつつ時間をつぶしていたのですが、
1時間前にもなるとみなさん車から降りて行ってしまうので私達も行ってみることに。

ぎゃ~
ここはいわきのディズニーランドかい!ってくらい人が並んでいました。
トホホ
沖縄の美ら海水族館でさえ、朝一番で行けば空いていて楽勝だったのにぃ。
気温は低いけれど湿度が高い中、人混みに並びましたよ~。

アクアマリンは10周年のようでした。
10周年

チケット売り場の天井でもお魚がゆらゆら~。
天井の魚たち
→続きを読む?
スポンサーサイト
さすがに暑さが厳しくて、夏バテ気味です。
ご飯が食べられたり食べられなかったり。
食べられなくてもアイスとかゼリーとかはいけちゃうんですけど。



旅行の続きです。
リカちゃんキャッスルを出発してからすぐにいわきへ到着しました。
予定よりも早くついたので小名浜港へGO

ららみゅう
いわき・ら・ら・ミュウという観光物産施設です。

倉庫を利用した美食ホテルという施設もありました。
ホテルだけど宿泊施設じゃないんですよ~。
美食ホテル

ららミュウの向いにはふくしまマリンパークがありました。
翌日行く予定だったけれど詳しい場所とかまだ調べていなかったので
「なーんだ、ここだったんだね」って。
福島マリン
ガラス張りの水族館で、少し頭を覗かせている四角い建物は展望台なんです。
これまたもちろんガラス張り(^_^;)
停泊しているのは海上保安庁の巡視船「あぶくま」です。
(ちなみに横浜港には「しきしま」が停泊しています)

外でかき氷を食べながらしばしぼーっとしていたら、
もう一隻の巡視船が寄港しました。
なつい
「なつい」です。
この辺りを流れている夏井川から名前をとったんだろうなぁ。

近寄ってみました。
なついに近寄ってみたよ
こんなに間近に停まっていいものなんでしょうか?
誰でも乗り込めそうな感じです。

夕食はららミュウの中にある回転寿司に行きました。
写真撮るのも忘れて食に勤しみました(^_^;)

その後、いわき駅方面へ戻りホテルへ荷物を置いてから駅前探索へ。
なんだか昨年訪れた山形駅前とつくりがそっくりでした。
いわき駅
旅行記が長くなってしまいました。
ま、毎回のことですけど(^_^;)
もう少し続きます。


あぶくま洞を出発して次に向かった場所は・・・
お城だ~

リカちゃんキャッスルです
外で処分品おもちゃを売っていたり、くじ引きをやっていました。
景品でダッキーちゃんが並んでいないかとドキドキしましたが、
さすがにありませんでした。良かった~。

リカちゃんの家系図。
家系図

そうそう、私、リカちゃんと誕生日が同じなんですよ~。

私のリカちゃんはこれ!
2代目リカちゃんです。
2代目リカちゃん
まだ押し入れのどこかに入っているはずです。

各世代のリカちゃんとそのファミリーが全て展示してありました。
あとはハイツとかキッチンとかいろんなお店もたくさんあって懐かしかったです。

工場もありました。
工場
リカちゃんキャッスル内で売られているリカちゃんはこの工場で生産されているそうです。
っていうことは国産リカちゃん??

赤玉卵が並んでいるようにも見えるけれど、
リカちゃんの頭なんですね。
工場3

ズームしてみたらこんな光景が
工場4
首ちょんぱリカちゃん、それもスキンヘッド

工場内にはこんな表示もありました。
工場2
オーブンに入れられちゃうのかしら・・・?

自分だけのリカちゃんを作れるコーナーもありましたが、
さすがにちびっ子ばかりだったのでやめました。

これは有名人シリーズ。
有名人シリーズ
神田うの、パフィー、吉川ひなの、YOSHIKI、アイルトン・セナ、ららら無人君などです。

世界の民族衣装を着たリカちゃんも並んでいました。
世界中のリカちゃん

リカちゃんキャッスルみたいな感じで、
ダッキーちゃんハウスとかあったら楽しいだろうなぁ♪
タカ○トミーで作ってくれないかなぁ?くれないよね(-_-)

一通り見終わってリカちゃんキャッスルを後にしました。
今夜の宿泊地のいわきまでもう少しです。

(続く)
今回の旅行では海方面へ向かうので福島県を横断します

その途中で立ち寄ったのがここです。
どこだかわかりますか?
白い山肌

すごい山肌でしょう?
正解はここ。
あぶくま洞
あぶくま洞です。

残念ながら洞窟内は撮影禁止なので写真は1枚もありません。
中は気温15℃と低いのですが、湿度が90%もあるのでお肌しっとりです。
が、歩くに連れて人の多さが影響し、蒸し暑いくらいでした。
洞窟入り口までが遠くてひたすら山を下りて行きました。
ゆえに、洞窟内では出口まではひたすら階段をの登ることになり・・・結構疲れました。
中の一部が「探検コース」になっていて、そちらへ進む子供達も多かったです。
私達はもちろん行きませんでした

このあぶくま洞には「星の村天文台」が隣接していました。
今度は星を見にきたいな~~~。
この辺りの町では「2つの宇宙にあえる町」とキャッチフレーズがついていました。
一つはこの天文台、もう一つは洞窟内にある「月の世界」のようです。
町中の外灯は全てこういうデザインになっていました。
2つの宇宙にあえる町

そして、あぶくま洞を後にしてお昼ご飯を食べることに
気になるラーメン屋さんがあったのですが、
旅行者と思われる車でいっぱい。。。
そこを諦めてさらに走ると、今度は地元の車がたくさん停まっているラーメン屋さんを発見
「今日も元気に営業中」というのぼりがたくさん立っていたので入ってみることに。
お店の名前がついているラーメンを食べました。
みやぎのラーメン
具だくさんのあんかけラーメン。
なかなか冷めなかったけれど、美味しくいただきました。
お店の人もとても感じが良かったです
餃子も食べましたよ~。
夫は「ニンニクが効きすぎてる」と言ってましたが、
ニンニク超大好きな私は気になりませんでした

お店を出て次の目的地へ向います。

(続く)
ここのレストラン、朝食もとっても楽しみ
昨年は私たちだけでぽつーんと朝食してましたが、
今回は3組だからなんとなくいい感じ。

朝食
バターの横にあるのは地元産はちみつ(何の花だったか忘れました)と
イタリアの修道院で作られているマーマレードです。
たっぷり新鮮野菜のサラダが嬉しい~

これも朝食
朝食も美味しくて満足、満足、大満足

お天気が良かったのでチェックアウトする前に記念撮影
お外で記念撮影
ちょっと眩しそうかな?
次回は素泊まりにしてお料理はアラカルトにしたいです。

って今から考えるのも可笑しいですよね

さて、2日目の予定は・・・昨年も一昨年もそうだった「桃買い」から始まります。
レストランを出てしばらく山を下ると左側にあるおばあちゃんのお店。
まずはそこを目指すのですが・・・
前日、ちょっと早めに着いてしまったのでお店の場所を確認に行ったらお店がないんです。
「ばあちゃんのお店、なくなっちゃったのかなぁ?」
「ばあちゃん、やめちゃったのかな?」
確かY字路の手前だったんだけどな。
水がわき出る水道があって、お店の向こうは見晴らしが良かった場所なんだけど。
この日の朝も探してみたけどやっぱりない。
しょうがないから違うお店で買いました。
ちょっと寂しいけど・・・。

次の目的地に移動しようとさらに山を下ったら、
あった!あった!ありました!
ばあちゃんの店です♪
親戚というおじさんも健在でした。
「去年も来たんだよ」と話したらおじさんは「覚えてるよ~。ナンバー見ればピーンとくるんだ」って。
ほんとかなぁ??

車を降りてばあちゃんに訳を話したら「あれまー。19年ずーっとここでやってるよー」って。
違うお店で買って来ちゃったことを伝えると「ちゃんと試食してきたか?」と言うので
ちょっとだけねと答えたら「ちょっとだけか!せっかくだから食ってけ!」と桃を食べさせてくれました。
試食でも1個くれるお店なんです。
食べたあとは磐梯山の湧き水が出ている水道を指して「そこでじゃぶじゃぶして手洗ってけ」って。
年に1度だけ、それもほんのわずかな時間しか接点がないけれど、
今年もばあちゃん元気だった!と嬉しくなりました
せっかくだから桃とソルダムを買って帰りましたよ~。
(今年はお店の写真を撮ろうと思っていたのに舞い上がってすっかり忘れてしまいました

しかし、人の記憶って曖昧ですね。
2人してY字路の手前って覚えていたんだから
でもこれでばっちり覚えました

今度こそ、次の目的地に移動開始です

(続く)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。